フルカラーの同人誌は専門業者に作ってもらおう!

記事一覧

予算と相談してやり繰りを

袋

ネットで格安印刷も

フルカラー印刷で同人誌を作りたい場合、最低限用意する必要があるものは、まず文字原稿です。掲載したい文章を紙に手書きしたものでももちろん良いのですが、ワードなどのワープロソフトで入力した文書データがあれば、そのまま原稿として渡せます。文章を考えるのが苦手、という方であれば、文章作成から依頼することもできますが、別料金が発生する場合もあるので、出来れば自分達で考えたいところです。加えて、写真を掲載したいならば写真原稿として、デジカメで撮影した写真データ・フイルムカメラで撮った写真の場合は印画紙にプリントしたものを渡します。手描きのイラスト・絵画などの作品を掲載する場合は、作品そのものを原稿として渡せばよいのですが、破損・汚損が心配であれば、作品を写真撮影して原稿とすることもできます。また、あまり色合いにこだわらないならば、カラーコピーしたものを原稿にする手もあります。依頼する印刷会社とも相談して決めた方がよいでしょう。同人誌の場合、限られた予算の中でやり繰りをしないといけません。フルカラー印刷は、一色や二色印刷より当然料金は高くなります。使用する写真の点数も料金に関係してきます。近年、インターネットで受注から納品まですべてを行う印刷会社も増えており、なかなか人気があるようです。フルカラー印刷に関しても仕上がりの品質は通常の印刷と同じレベルと言えます。しかし、同人誌の印刷の注文が初めてという方の場合、業者とあれこれ相談しながら作り上げていくほうが安心できるという面もあります。いずれにしても、発注する前に、親身になって相談にのってくれそうな印刷会社を選んだ方がよいのは間違いありません。それが、フルカラーの美しい同人誌作りの第一歩となります。

人気記事

CMYK

意外と知らない袋の話

OPP袋は、透明なフィルムを加工してつくられています。ビニール袋よりも丈夫で伸びにくいことが特徴です。さまざまな種類のOPP袋がありますが、用途に応じて選ぶことがポイントとなります。オシャレな印刷をしているものはお菓子を可愛くみせるためにオススメです。

色見本

自由な自己表現の手段

趣味の活動を行う中で、自分でも何か表現したいと感じた時、同人誌を活用するとよいでしょう。表現方法に規定がなく自由に楽しむことができます。印刷にはコストがかかりますが、同じ趣味の人と合同で発行することで問題は解決できます。

プリント

パッケージ印刷にお勧め

朋和産業株式会社では商品のパッケージ印刷などを主に行っています。商品内容によって印刷の仕方やデザインは異なるので、まずはこれまでの実績を確認してみましょう。それから、依頼をしてからの商品製造の流れなども確認しておきましょう。

袋

予算と相談してやり繰りを

フルカラー印刷で同人誌を作るために用意するものは、大きく分けて文字原稿、および写真原稿です。限られた予算の中でいかに満足のいくものが作れるかは、親身に相談に乗ってくれる印刷会社が見つかるかどうかも重要な要素です。