フルカラーの同人誌は専門業者に作ってもらおう!

記事一覧

商品の外装に最適

本

印刷方法は2つある

OPP袋とは、透明度の高いフィルムを袋状にしたものです。クリアで丈夫なことから、商品やダイレクトメールの外装に使用されています。光沢が美しいため、OPP袋に入れるだけで中の品物がきれいに見えます。また、防水性も高いことから保護材としても役に立ちます。無色透明だけでなく、色々なカラーバリエーションのOPP袋もあります。最近では、より個性を際立たせるためにOPP袋に印刷加工を施すサービスも登場しています。OPP袋に指定の図柄や文字を印刷することで、オリジナリティーが飛躍的に高まるのです。図柄や文字のフォントについては業者側で用意されたサンプルから選ぶことができますが、利用者側で自由にデザインすることも可能です。顧客の要望に応じて対応してもらうことができるため、希望通りのOPP袋が手に入ります。オリジナルのOPP袋を求めるなら、印刷業者に依頼するようにしましょう。OPP袋の印刷には、大きく分けて二種類の方法があります。一つは、グラビア印刷と呼ばれるものです。この方法であればOPP袋に直接印刷できるため、あらゆるサイズに対応することができます。また黒だけでなくカラー印刷も可能となっています。もう一つの方法は、オフセット印刷です。中の紙に印刷するためサイズは規定のものとなりますが、大量に制作できるため大口の注文に最適です。また、料金もリーズナブルに設定されています。一度注文をすれば、二度目からは同じものがすぐに印刷してもらえるため便利です。

人気記事

CMYK

意外と知らない袋の話

OPP袋は、透明なフィルムを加工してつくられています。ビニール袋よりも丈夫で伸びにくいことが特徴です。さまざまな種類のOPP袋がありますが、用途に応じて選ぶことがポイントとなります。オシャレな印刷をしているものはお菓子を可愛くみせるためにオススメです。

色見本

自由な自己表現の手段

趣味の活動を行う中で、自分でも何か表現したいと感じた時、同人誌を活用するとよいでしょう。表現方法に規定がなく自由に楽しむことができます。印刷にはコストがかかりますが、同じ趣味の人と合同で発行することで問題は解決できます。

プリント

パッケージ印刷にお勧め

朋和産業株式会社では商品のパッケージ印刷などを主に行っています。商品内容によって印刷の仕方やデザインは異なるので、まずはこれまでの実績を確認してみましょう。それから、依頼をしてからの商品製造の流れなども確認しておきましょう。

袋

予算と相談してやり繰りを

フルカラー印刷で同人誌を作るために用意するものは、大きく分けて文字原稿、および写真原稿です。限られた予算の中でいかに満足のいくものが作れるかは、親身に相談に乗ってくれる印刷会社が見つかるかどうかも重要な要素です。