フルカラーの同人誌は専門業者に作ってもらおう!

記事一覧

一貫生産体制が魅力

印刷

高品質包装資材を安定的に

朋和産業では、プラスティックフィルムなどの軟包装を主体に製造販売しています。大手グループ会社の一員であり、他のグループ会社はダンボールや紙器、重包装などの事業を展開中です。グループ会社の総合力を活かした経営が特徴となっています。朋和産業自体の特徴としては、一貫生産体制が挙げられます。顧客から依頼を受けたら、自社で一貫した生産が可能です。流れとしては、始めに顧客へパッケージや素材を提案し、商品企画やマーケティングリサーチを行います。そしてパッケージをデザインし版下製作後、そのデザインデータを色分けし、製版データへ変換します。それから製版となりますが、朋和産業で採用しているのはレーザー製版方式と彫刻方式の2種類です。版が完成したら、フィルムなどに顧客が求める色が出るようなインキを選び、印刷していきます。また、製品によっては違う種類のフィルムを張り合わせるラミネート加工を施します。そして、印刷後の工程は顧客指定サイズにカットしていくスリット加工です。カットした後は商品の形に合わせて形状を作っていきます。最後は検査と臭気及び強度などの品質確認を行います。こうした一連の工程が1社でできるというのが朋和産業の強みで、顧客としてもメリットです。トレーサビリティシステムが構築されているため、受注から出荷まで品質が落ちることなく安全な製品が手に入ります。食品に直に触れる包装資材は確かな品質が重要ですから、朋和産業の包装資材であれば安心です。

人気記事

CMYK

意外と知らない袋の話

OPP袋は、透明なフィルムを加工してつくられています。ビニール袋よりも丈夫で伸びにくいことが特徴です。さまざまな種類のOPP袋がありますが、用途に応じて選ぶことがポイントとなります。オシャレな印刷をしているものはお菓子を可愛くみせるためにオススメです。

色見本

自由な自己表現の手段

趣味の活動を行う中で、自分でも何か表現したいと感じた時、同人誌を活用するとよいでしょう。表現方法に規定がなく自由に楽しむことができます。印刷にはコストがかかりますが、同じ趣味の人と合同で発行することで問題は解決できます。

プリント

パッケージ印刷にお勧め

朋和産業株式会社では商品のパッケージ印刷などを主に行っています。商品内容によって印刷の仕方やデザインは異なるので、まずはこれまでの実績を確認してみましょう。それから、依頼をしてからの商品製造の流れなども確認しておきましょう。

袋

予算と相談してやり繰りを

フルカラー印刷で同人誌を作るために用意するものは、大きく分けて文字原稿、および写真原稿です。限られた予算の中でいかに満足のいくものが作れるかは、親身に相談に乗ってくれる印刷会社が見つかるかどうかも重要な要素です。