フルカラーの同人誌は専門業者に作ってもらおう!

記事一覧

自由な自己表現の手段

色見本

仲間を作るのもお勧め

演劇や漫画、ドラマなど生活の中には魅力的なコンテンツがあふれています。その中で自分の感受性に合致するものと出会えるのは大きな幸福でしょう。関連商品を入手したり、イベントへ参加したりする時間はかけがえのない楽しみです。趣味にのめりこむと、既存のグッズを消費するだけでは満足できないケースもあります。そんな時、同人誌を発行して自分の気持ちを表現することをお勧めします。今は、多くの印刷業者が存在し、選択肢も広くあります。漫画や小説、講評、写真など同人誌には、内容の規定がなく誰でも自由に作成可能なところが魅力です。また、印刷部数を自分で決定し、配布先も限定できるのも特徴です。ネット配信のように、不特定多数の目に触れないので、安心して活動できます。しかし、同人誌の印刷にはある程度の資金が必要です。部数が少なければ全体のコストは下がりますが、一冊当たりの作成費は上がります。また、カラー印刷や用紙の選択でも増減します。予算に不安がある場合は、同じ趣味の人と合同で同人誌を発行するのも一つの手段です。そのような同人誌を合同誌と呼びます。合同誌は費用だけでなく、在庫の管理や配布などでも協力関係を作ることができます。仕事をしている人や学生でも活動しやすくなるというメリットがあります。もちろん、金銭のやり取りを行う関係なので、最初にルールを決める必要はあります。信頼できる仲間ができれば、趣味の世界も広がるでしょう。

人気記事

CMYK

意外と知らない袋の話

OPP袋は、透明なフィルムを加工してつくられています。ビニール袋よりも丈夫で伸びにくいことが特徴です。さまざまな種類のOPP袋がありますが、用途に応じて選ぶことがポイントとなります。オシャレな印刷をしているものはお菓子を可愛くみせるためにオススメです。

色見本

自由な自己表現の手段

趣味の活動を行う中で、自分でも何か表現したいと感じた時、同人誌を活用するとよいでしょう。表現方法に規定がなく自由に楽しむことができます。印刷にはコストがかかりますが、同じ趣味の人と合同で発行することで問題は解決できます。

プリント

パッケージ印刷にお勧め

朋和産業株式会社では商品のパッケージ印刷などを主に行っています。商品内容によって印刷の仕方やデザインは異なるので、まずはこれまでの実績を確認してみましょう。それから、依頼をしてからの商品製造の流れなども確認しておきましょう。

袋

予算と相談してやり繰りを

フルカラー印刷で同人誌を作るために用意するものは、大きく分けて文字原稿、および写真原稿です。限られた予算の中でいかに満足のいくものが作れるかは、親身に相談に乗ってくれる印刷会社が見つかるかどうかも重要な要素です。