OPP袋や同人誌の印刷は奥が深い!その特徴やサービス内容をチェック

CMYK

意外と知らない袋の話

OPP袋は、透明なフィルムを加工してつくられています。ビニール袋よりも丈夫で伸びにくいことが特徴です。さまざまな種類のOPP袋がありますが、用途に応じて選ぶことがポイントとなります。オシャレな印刷をしているものはお菓子を可愛くみせるためにオススメです。

記事一覧

色見本

自由な自己表現の手段

趣味の活動を行う中で、自分でも何か表現したいと感じた時、同人誌を活用するとよいでしょう。表現方法に規定がなく自由に楽しむことができます。印刷にはコストがかかりますが、同じ趣味の人と合同で発行することで問題は解決できます。

プリント

パッケージ印刷にお勧め

朋和産業株式会社では商品のパッケージ印刷などを主に行っています。商品内容によって印刷の仕方やデザインは異なるので、まずはこれまでの実績を確認してみましょう。それから、依頼をしてからの商品製造の流れなども確認しておきましょう。

袋

予算と相談してやり繰りを

フルカラー印刷で同人誌を作るために用意するものは、大きく分けて文字原稿、および写真原稿です。限られた予算の中でいかに満足のいくものが作れるかは、親身に相談に乗ってくれる印刷会社が見つかるかどうかも重要な要素です。

本

商品の外装に最適

透明度の高いフィルムを袋状にしたOPP袋はクリアで丈夫なため、商品などの外装に使用されています。より個性を際立たせるために、OPP袋へ図柄や文字を印刷するサービスも登場しています。このサービスには、サイズフリーでカラー対応のグラビア印刷と大量注文が可能なオフセット印刷の二種類があります。

CMYK

料金やサービス内容で

同人誌印刷の料金は、印刷会社によって異なっています。またサービス内容も異なっているので、リサーチした上で厳選することが大事です。サービスには、早期入稿をした場合の割引やイベント前日の入稿受付、イベント会場への直接納品などがあります。複数の場所への納品や、指定日までの保管も依頼できます。

印刷

一貫生産体制が魅力

軟包装の製造販売を行う朋和産業では、一貫生産体制の下、自社でデザインから製造まで行っています。安全な資材を作るためには、徹底した品質管理が重要だと考えているのです。直接食品を包む資材は安全でなければいけませんが、朋和産業の製品であれば不安の芽を摘むことができます。

サイズや部数との関係

袋

カラーモードの選択も

同人誌のフルカラー印刷では、基本的には使うインクの量が多いほど、料金が高くなります。たとえばA5の同人誌よりもB5の同人誌の方がサイズが大きいので、多くのインクを使うことになります。そのため後者の印刷料金は、前者の1.2倍ほどに設定されています。もちろん印刷部数が多い方が、トータルでの料金がアップします。しかし1部あたりの単価は安くなるので、コストパフォーマンスはむしろ良くなります。表紙と裏表紙のみがフルカラー印刷という20ページの同人誌を30部作る場合、料金は約3万円となっています。しかし同じ同人誌を300部作る場合は、部数は10倍でも料金は10倍とならず、2倍以下の5万円程度となるのです。そのため多くの同人作家やサークルが、サイズの大きいフルカラーの同人誌を作る際に、印刷部数と頒布数とを増やして利益をアップさせることで、予算の帳尻合わせをしています。またフルカラー印刷は、CMYKカラーというモードで行われることが一般的です。しかしCMYKカラーでは、原稿よりもやや暗い色合いで印刷されます。そのことから現在では、原稿の鮮やかな色合いを忠実に再現できるRGBカラーモードでのフルカラー印刷が注目されるようになっています。CMYKカラーと比較すると料金は高めですが、色合いの美しさから、より多く高く頒布することが可能となります。つまりフルカラーの同人誌では、カラーモードの選択によっても、予算の帳尻合わせができるわけです。

人気記事

CMYK

意外と知らない袋の話

OPP袋は、透明なフィルムを加工してつくられています。ビニール袋よりも丈夫で伸びにくいことが特徴です。さまざまな種類のOPP袋がありますが、用途に応じて選ぶことがポイントとなります。オシャレな印刷をしているものはお菓子を可愛くみせるためにオススメです。
色見本

自由な自己表現の手段

趣味の活動を行う中で、自分でも何か表現したいと感じた時、同人誌を活用するとよいでしょう。表現方法に規定がなく自由に楽しむことができます。印刷にはコストがかかりますが、同じ趣味の人と合同で発行することで問題は解決できます。

プリント

パッケージ印刷にお勧め

朋和産業株式会社では商品のパッケージ印刷などを主に行っています。商品内容によって印刷の仕方やデザインは異なるので、まずはこれまでの実績を確認してみましょう。それから、依頼をしてからの商品製造の流れなども確認しておきましょう。

袋

予算と相談してやり繰りを

フルカラー印刷で同人誌を作るために用意するものは、大きく分けて文字原稿、および写真原稿です。限られた予算の中でいかに満足のいくものが作れるかは、親身に相談に乗ってくれる印刷会社が見つかるかどうかも重要な要素です。